インフォメーション

2017/04/09

4/15(土)ほしいものかいぎ 内容変更です

先日よりお知らせしておりました、「ほしいものかいぎ」。

15(土)へのお申し込みの方が少なく、ラウンドテーブル式の座談会を行うことが難しくなったため、開催方法を変更いたします。

(14(金)は予定通り開催です。お申し込みのみなさまご安心ください。)

 

名付けて

「ほしいもの そうだんかい」(参加費無料/出入自由)

 

ほしいものや探しているものを参加者の方と同時進行で共有するのではなく、ムスビメ店主への相談会とさせていただきます。「話すほどでもないかな」という方は、ほしいものノート、を置いておきますので自由に書き込んでください。

 

以前に書いたこととも重なりますが、ムスビメにお越しになられるお客様は、商品を具体的にお探しの方よりも、「こういう機能の文房具ないですか?」や「もう廃盤になってしまった商品だけど近いもので今買えるものはありませんか?」といった、「今はない」ものについてのご質問をお持ちの方が多いのです。

長年、雑貨に関わる仕事や接客の仕事をさせて頂いているのですが、これは初めてのことでした。

ムスビメだから、というよりももしかしたらスマートフォンの普及も影響しているかもしれません。時流的な理由です。

具体的にお探しのものは、今の時代販売店まで簡単に検索できます。

検索しても出てこない、もしくはキーワードがないので検索すらできないといった、商品のすきま?余白?の部分を聞きたい、知り合い、という場合に、大型店よりもセレクターとの距離が近い個人店に来てくださるのかなとも思います。

 

私から提供できるのは、どちらかというと既存の商品(ムスビメで販売していなかったとしても)についてです。

なので、ほしいものかいぎに様々な立場の方がご参加くださることによって、誰かの「ほしいもの」が近づくかもしれない、さらに言えばすでに既存のものの組み合わせやアイデア次第で実現可能となるかもしれない、という予感を持っています。

加えて、ムスビメは店主が一人で全てを賄っている店です。普段の営業ではお客様のご要望をゆっくりお聞きする時間が限られています。

そこで、店主もお客様も、ものを売り買いする立場から一旦離れて話が出来る場があると面白いと思うのです。

 

実は今回の募集の中で、「参加したいけれど、ほしいものかいぎに参加する時間がほしい」というお声もありました。なるほど、それも切実ですね。わかります。

さらに、ムスビメのお客様は平日日中に集中することを改めて思いました。スムーズにいかないこともありますが、それでも続けていくことが大事だと思うので、隔月でほしいものかいぎは開催します。

 

最後に、店主が長らく欲しいと思っているものをひとつ。

それは、表紙がシンプル(黒の合皮など?)の育児日記です。

自身の子育てで良いものが見つかりませんでした。表紙がパステル調や赤ちゃんのイラストのものではなく、ぱっと見普通のダイアリーと思えるようなものがなかったのです。

いつかは自分で作りたいなとすら考えています。